没イチに人気のおひとりさまツアーが楽しそう!

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

NHKクローズアップ現代プラスで

「おひとりさま上等!“没イチ”という生き方」が放送されていました。

その中で、おひとりさまツアーが紹介されていたのを見て、

旅行ツアーサイトを見ていて不思議に思っていた

「説明会ツアー」は、こういうことなのかと!

親世代に”没イチ”を持つ世代から

オススメしたいおひとりさまツアーをピックアップしてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

”没イチ”とは

この聞きなれない言葉、”没イチ”。

配偶者を亡くし単身となった人たちが自らを“バツイチ”ならぬ“没イチ”(ボツイチ)と呼んでいるらしい。

おひとりさま上等!“没イチ”という生き方 | NHK クローズアップ現代+

2017年6月13日(火)放送。配偶者を亡くし単身となった人たちが自らを“バツイチ”ならぬ“没イチ”と呼ぶ動きが広がっている。死別の悲しみから一歩踏み出し、新たな生き方を切り開いて行こうというのだ。こうした動きに企業も注目。“おひとりさま専用旅”や“高齢者専門の結婚相談”など没イチを意識したビジネス参入も拡大している。...

没イチ”という言葉の響きは

あまり良い印象のある言葉ではないですよね。

一人称で使うのは良いけど、二人称、三人称で言うのはちょっと・・・。

配偶者を亡くした方が自分で自分を「わたし、”没イチ”なんです。」と言うのはいいけど、「あなた”没イチ”なんでしょ。」「あの人”没イチ”らしいよ。」と呼ぶのはあまり印象よくないですね。

まぁそういう意味では”バツイチ”という言葉も一緒かもしれませんが。

「おひとりさま」という表現の方がポジティブな印象ですね。

複数参加は厳禁!大人気のおひとりさまツアー

この番組で紹介されていたツアーは、複数参加厳禁のおひとりさまツアー。

これが、大人気なんだそう。

ツアー参加は女性が多いみたい。

ひとりで参加の人ばかりだからお互い気軽に声もかけやすいし、ここで仲良くなったりもできるから良いですね。

『主要集合場所めぐりツアー』の謎が解けた!

クラブツーリズムのツアーを見ているときに気になっていた『主要集合場所めぐりツアー』。

なんのためのツアーなのか、どういう人が利用しているのか、以前から気になっていました。

番組を見て、なるほど!

40代、50代の年代であれば、スマホやインターネットで調べれば集合場所に行けるけど、スマホに慣れていない年代の方だと初めての場所は不安になりますよね。

しかも、ひとり旅の場合はなおさら。

そういう年代の方々は、町内会などの団体でバスツアーに行くイメージが勝手にあったんですけどね。最近はおひとりさまツアー増えてるみたいなので。

主要集合場所めぐり&ランチで気分転換にも!

東京近辺では『初めてのひとり旅を応援!羽田空港でランチ・集合場所確認ツアー』。

関西近辺では『はじめてのひとり旅「動く説明会」関西国際空港でランチと集合場所確認ツアー』があります。

バス車内ではひとり旅の魅力や説明をしてもらい、集合場所への行き方やポイントを教えてもらって、ちょっと豪華なランチをいただく日帰りバスツアー。

みんなひとりで参加していると思うと気分も楽ですね。

≪国内/テーマのある旅特集!≫クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら

気になるひとり旅をピックアップ

今回、番組内で取り上げられていたツアー会社はクラブツーリズム。

クラブツーリズムのツアーは企画やコンセプトが面白いので時々チェックしています。

わたしはどちらかというと自分で計画を立てたい派。

それでも見ているだけで旅気分に思いを馳せたりするのが楽しい!

クラブツーリズムのおひとり参加限定の旅は今年で20周年!

長いですね!!

20周年記念ツアーが企画されています。

関西発 国内ひとり旅 20周年ツアー・旅行・おひとり参加限定の旅なら、クラブツーリズム!20年ご愛顧の感謝を込めて、うれしい特典付きツアーを厳選しました。おひとり参加限定なので、お気軽にご参加いただけます。ツアーの検索・ご予約も簡単。

海外はモロッコ、フィンランド、スイスなど。

国内はハウステンボスや非公開のアファンの森、貸切コンサートなど、ツアーでしか行けない場所に行けるツアーも!

これは贅沢(*´ω`*)

≪国内/テーマのある旅特集!≫クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら

たまには一人でのんびり、誰かに連れて行ってもらうのも良いな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

\ 気軽にフォローしてね /

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)