大阪から徳島阿波おどりに行くなら電車?バス?ツアー?お得なのは・・・

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

夏休みといえば、夏祭りに花火大会!

大阪から徳島阿波おどりに行くのなら、電車とバスと自動車とツアー、どれがお得か考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

徳島阿波おどり

徳島県徳島市で開催される徳島阿波おどりは、秋田県「西馬音内の盆踊り」、岐阜県「郡上踊り」、徳島県「阿波踊り」として日本三大盆おどりと言われています。

2017年の開催日時は

2017年8月12日(土)、13日(日)、14日(月)、15日(火)【4日間】
時間:18時~22時30分

一度は行ってみたい徳島阿波おどり。

大阪発、神戸発の日帰りツアー、1泊2日ツアーなども組まれています。

徳島阿波おどり 日帰りツアーを比較

大阪から徳島へ日帰りで行って帰ることも可能です。

各旅行会社がお得なツアーを発売中。

大阪発⇔徳島阿波おどりのツアーがあるのは、阪急交通社、クラブツーリズム、読売旅行、JTB。

どこのツアーが良いかな?それとも自分で行く方が良いのかな?

比較してみました。

自分で行く場合(公共交通機関)

まずは基準になる自分で行く場合のプランを考えてみました。もちろん日帰りで。

大阪駅から徳島駅へ行く場合、高速バスの往復割引を利用すると安いです。

高速バスで大阪駅⇔徳島駅の場合、片道3,700円、往復6,700円。時間は2時間~2時間半ほどで行けます。

さらに言えば、阪急電車or阪神電車と神戸三宮から高速バスを利用すると最安になります。

梅田から阪急電車or阪神電車で神戸三宮へ(320円)。

神戸三ノ宮から徳島駅まで高速バスを利用すると片道3,300円、往復5,940円。

往復交通費の最安値は6,580円
移動時間は、片道:約2時間半~3時間

帰りの最終便は、20時45分(大阪行き)か21時(神戸行き)徳島駅発の高速バスで23時10分~40分頃には大阪に帰ってこれる計算です。

神戸、大阪周辺の渋滞を考慮すると神戸三宮からの往復バス利用の方が良いかも。

日本全国の高速バス予約【バスぷらざ】

公共交通機関を利用しての日帰り大阪⇔徳島は可能です。

でも、夜の阿波おどりは第一部しか見られなさそう。

午前中に早めに出発して、昼の阿波おどりや徳島観光、夜の阿波おどりを少し見て帰るのも良いかもしれません。

※有料演舞場での観覧は有料(900円~5,200円)

阪急交通社

(なんば・梅田発/桟敷席プラン)日本三大盆踊り 徳島阿波おどり 日帰り

催行日時:2017年8月12日(土)、13日(日)、14日(月)、15日(火)【4日間】

価格:9,990円

移動手段:バス

なんば11時30分、梅田12時10分頃に出発。

徳島市内で約2時間阿波おどりを楽しんで、大阪には22時30分~24時着。

桟敷席有り。昼食のお弁当付き。

その他、徳島阿波おどりツアー特集もあります。

その他ツアーやツアー詳細、申込はこちらからどうぞ。

阪急交通社

クラブツーリズム

『トイレ付きバスで行く!桟敷席でラクラク観賞!阿波おどり(日帰り)』 【梅田・新大阪 出発】

催行日時:2017年8月12日(土)、14日(月)

価格:13,000円~14,000円

移動手段:バス

梅田11時45分発で23時~24時に大阪着の日帰りツアー。

おどり鑑賞後(20時以降)に夕食にタコ飯弁当付き。

団体桟敷指定席付きなので、ゆったり阿波おどりが楽しめます。


クラブツーリズムのその他ツアーやツアー詳細、申込はこちらからどうぞ。

≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

読売旅行

【大阪発着】S席指定観覧席で観る!阿波おどり

催行日時:2017年8月12日(土)、13日(火)、14日(月)

価格:12,980円

移動手段:バス

夕食はお弁当付き

S席指定観覧席より鑑賞。

13日、14日はオプションでホテル夕食プラン(+2000円)も可能。

その他ツアーやツアー詳細、申込はこちらからどうぞ。

読売旅行

JTB

【1名より参加OK】観覧席S席で観る 阿波おどり<日帰り>≪添乗員同行プラン≫祭・花火 難波又は梅田乗車プラン

催行日時:2017年8月12日(土)、13日(日)、14日(月)、15日(火)【4日間】

価格:9,800円

鳴門名産弁当付き

阿波おどりを観覧席S席にて見学(第一部、120分)


JTBのツアー詳細や申込はこちらからどうぞ。

国内旅行はJTB

結論:日帰りで行くなら高速バスがおすすめ

各社のツアーの内容を見てみると、お昼に大阪を出発し、夜の阿波おどりを見て23時~24時頃に帰ってくるという内容でした。

価格的には、各社の特典を考えれば妥当と言ったところでしょうか。

でもツアーを利用すると、お昼の出発なので本当に阿波おどりを見て帰るだけになりそう。

せっかく徳島市に行くのならもっと他の観光も楽しみたいですよね。午前中早めの高速バスで徳島市に行って、ゆっくり観光しつつ阿波おどりを見て帰る方がよさそうです。

注意したいことは、高速バスの予約がとれるかどうかというところ。

お盆時期のバス予約はおはやめに。渋滞も気になるところです。

日本全国の高速バス予約【バスぷらざ】

阿波おどりの有料演舞場チケットは、S席が前売2,000円、C席(自由席)が前売り900円で購入できます。当日購入もできますが、前売がお得です。

チケットは阿波おどりチケットセンター楽天チケットイープラスチケットぴあローソンチケットなどコンビニでも購入できます。

せっかく行くのなら有料演舞場で一度は見てみたいですね。

徳島阿波おどり 1泊2日を比較

阪急交通社

徳島阿波おどり1泊2日プランは4件。

ホテルのグレードによって価格が変わります。

価格:19,980円~24,980円

徳島市で実施される日本最大規模の阿波おどりへ!例年8月12日〜15日の4日間で、約130万人の人出と約10万の踊り子で街を興奮の渦に誘います。本場の阿波おどりへ行く旅行・ツアー、ホテルのご予約はぜひ阪急交通社で!

1日目は徳島阿波おどりを4時間たっぷり堪能。2日目は香川県のこんぴらさん(金刀比羅宮)や鳴門を観光して帰れるのでお得感があります。

阿波おどりが見られる1泊2日ツアーで安く行きたい場合はこのプラン一択。食事は朝食のみなので、好きなものを食べたい、食べ歩きたい方はこちらのプランがおすすめです。

阪急交通社のツアーの詳細や申込はこちらへどうぞ。

阪急交通社

クラブツーリズム

『祭り会場から徒歩圏内のお宿で1泊2食付き!往路「うずしお指定席」で行くクライマックスの阿波踊り2日間』

価格:45,000円~46,500円

催行日時:8月15日(火)出発

クラブツーリズムには電車利用のツアーが有ります。お盆期間に渋滞の心配無しは嬉しいですね。

1日目は新幹線指定席&特急うずしお指定席で徳島市内へ。阿波踊りを堪能してホテルで夕食付き。2日目はバスでハレルヤスイーツキッチン(徳島銘菓の工場見学)&鳴門公園&大歩危峡&かずら橋へ。高松からは瀬戸大橋線マリンライナー自由席&新幹線指定席。


クラブツーリズム国内旅行のツアー詳細や申込はこちらからどうぞ。
≪国内旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

読売旅行

【大阪発着】お一人様からの四国二大祭り対決!「高知よさこい祭り」と「阿波おどり」2日間

催行日時:2017年8月11日(金)

価格:29,990円

1日目は高知でよさこい祭りを観覧。香川県高松市内に宿泊し、【屋島】古戦場跡など眺望、阿波踊りを有料観覧席S席で堪能し、22時30分~23時45分頃に梅田に帰ってくるツアー。

1日目夕食バイキング、2日目朝食付きでこの価格は破格!・・・と思ったらすでに完売(*´ω`*)

その他ツアーやツアー詳細、申込はこちらからどうぞ。

読売旅行

1泊2日、電車利用ツアーがおすすめ!

徳島阿波おどりは夜の阿波おどりが見たい!

でも、たっぷり見ると帰る時間が遅くなります。

せっかく出かけるのなら、やっぱり1泊2日の余裕がほしいですね。

さらに言えば、お盆期間は渋滞が心配。バスが渋滞に巻き込まれたらちょっとツライ。

ということで、費用対効果、コストパフォーマンスとしてはクラブツーリズムの電車利用ツアーがよさそう。

新幹線指定席は楽そう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

\ 気軽にフォローしてね /

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)