静岡一周富士伊豆箱根めぐり旅⑲無人島水族館あわしまマリンパークでアザラシとアシカのショーとカエル館を楽しむ!

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

2011年05月01日(日)~05月07日(土)の7日間、静岡県に旅行に行ってきました。

静岡一周富士伊豆箱根めぐり、6泊7日の旅!

4日目、5月4日(水・祝)はまったり西伊豆を堪能。

午前中はあわしまマリンパークへ、午後は西伊豆をドライブし雲見温泉へと向かいます。

レクタングル(大)

ホテル『三交イン沼津駅前』で朝食をいただく

朝7時半に起きる予定だったけど、連日の早寝早起きが習慣化したのか早めに目が覚めました。

7時半頃に朝ごはんを食べに行ったらけっこう人が多かったです。みんな早いですね^^;

宿泊したホテルは『三交イン沼津駅前』。

沼津市内のホテルなら三交イン沼津駅前。伊豆箱根や富士山観光の拠点としても注目の沼津駅前に位置し、旅行やビジネスのフットワークを快適にサポートします。朝食無料サービスや、女性にやさしいアメニティグッズも充実。一部客室リニューアル!

【楽天トラベル】三交イン沼津駅前

ビュッフェスタイルの朝食無料サービス付き。とくにクロワッサンが美味しかったです。

朝食を食べてからゆっくりしていたらあっというまに出発時刻の9時を過ぎてしまい、予定より30分遅れで9時半にチェックアウト。

沼津駅からあわしまマリンパークへと向かいます。

沼津駅から淡島マリンパークへドライブ旅

沼津駅前からあわしまマリンパークへは、国道414号線、県道17号線を通る約30分の海沿いドライブ旅です。

沼津駅前を9時半に出発。

沼津駅前から県道380号線を通り、右折して国道414号線へ。

片側一車線の道路のためか少し混んでいました。

昨晩通った沼津港の看板も発見。

藤の花がたくさん咲いているところがありました。圧巻!

海沿いの道に出ると海辺で釣りをしている人たちを発見。何が釣れるのかな。

出発して約30分。

淡島が見えてきました。

あわしまマリンパークまであと2km!

山を切り取ったような岩を発見。トンネルになってる?

淡島が見えてきました。ロープウェイののりばが見えています。

淡島はもともとは無人島でリゾート開発をしたんだそうです。現在は廃止されているけど海上ロープウェイで行き来していたんだとか。乗ってみたかったな。

あわしまマリンパーク前の駐車場に到着

10時15分頃、あわしまマリンパーク前の駐車場に到着!

あわしまマリンパークのチケットを買って、淡島までは船で渡ります。

静岡県沼津市にある、富士山の見える無人島水族館『あわしまマリンパーク』。イルカやアシカショー、ペンギン、展示種数が日本一のカエル館など家族や友人・恋人と楽しく過ごせる見どころがいっぱい。イベント情報もお見逃しなく!

あわしまマリンパークのチケット。淡島ウォークラリーも開催されていて島を一周散歩できます。

船であわしまマリンパークへ

船のりばでしばし待つこと10分ほど。

淡島への往復船がやってきました。

潮風にゆられながら淡島に渡ります。海がきれいです。

あわしまマリンパークに到着

桟橋にはカエルの足跡が!

イルカプールでイルカショー

桟橋すぐのところにイルカプールがありイルカショーが開催されていました。

ふだんはこの時間にいるかショーはしていないそうですが、ゴールデンウィークということで開催されていました。

海を仕切っただけのプールなのでいるかも気持ちよさそう!

輪投げもうまくキャッチしていました。

イルカプールはけっこう広いですね。

海がキレイ

淡島の周りの海もとてもきれい。

波打ち際もすぐです。

熱帯魚のようなカラフルな魚がちらほらと見えていました。

カメプール

まずはアシカショーのあるアシカプールへ向かいます。アシカプールの隣りにあったカメプールをのぞくとウミガメがいました。

大きい!

顔を上げて呼吸したり。

アシカプールへ

アシカプールではアシカショーが開催されます。

アシカのショー用プール。うしろが海なので開放感があります。

客席と客席の間に通路がありました。ここから登場するのかな(・ω・)

アシカショーの開始時間11時になったかと思えば・・・思わぬところからやってきました。

キターーー(゚∀゚)ーーー!!!

キターーー(゚∀゚;)ーー?ぁ?・・・・・・・・・・・・・!!!???

・・・・・・あれ?

アシカショーの客席の後方通路へ、お兄さんが台車に乗せてゴロゴロと登場!!・・・・なんだけど

あ、

アシカ・・・じゃないよね??アザラシだよね!!?????(笑)

なんていうか・・・マグロの競りで見るような光景です(笑)

ということで。ハイ!アザラシ君(ちゃん?)登場です!!

お兄さんの指示をしっかり理解しているようです。

アザラシショーはあまり見かけないので見られて嬉しい!アザラシは動きがすごくゆったりしていてとても可愛いです。

輪くぐりもなんのその!

客席にも愛嬌を振りまいてくれます。

ボールもしっかりキャッチできます!

投げ輪キャッチもできます。はじめは近くから。

投げる距離はだんだん遠くなります。

しっかり見極めてしっかりキャッチ。

お見事です!

つぎは、秘技!バタフライ(笑)

泳いで

パッと飛び出ます。

少し泳いで、バッと顔をだして、また少し泳いで、バッと顔を出すという・・・・確かにバタフライに見えなくはないけど、そんなところがユーモアたっぷりで愛らしい。

前ヒレで拍手もしていました。

そんなゆったりとした可愛さを振りまいたあざらし君(ちゃん?)の後。

いよっ 待ってましたー!アシカが登場!!

登場からして迅速!

きびきびした動きを見せてくれます。

アザラシの動きを見た後だからか、アシカの動きがものすごく速く見えます(笑)

お肌はつるつるぴかぴか!

飛び込み台の階段もすばやく登れます。

飛び込み台にスタンバイして、

勢いをつけてジャンプ!

輪くぐりもなんのその!スピード感とジャンプ力がスゴイです。

近くにもあいさつに来てくれました。

素敵な笑顔(!)を見せてくれています。ちょっとコワイ(笑)

ボールをのせて泳いで移動。このバランス感覚はスゴイですね。

輪投げもカンペキです。

どこに投げても拾ってくれそう。

投げ輪キャッチでも機敏な動きを見せてくれてました。

背泳ぎも速いです。

ボールタッチ!びしっと決まりました。

そんな楽しいショーもあっという間に終了。

楽しい時間をありがとう!

次はカエル館へと向かいます。アシカプールの近くのアザラシプールの前を通ると

アザラシ君がニヤリ!

カエル館

次はカエル館へ!

あわしまマリンパークに行きたかった理由はズバリカエルの展示数が日本一ということ!

カエル館へ向かう道にはカエルの足跡がペイントされていました。

これだけでなんだかわくわくする!

カエル館では、ゴールデンウィークイベントとして「ケロケロ☆ナイトフィーバー」が開催されてました。

カエル館の電気を真っ暗にして、ペンライトを使用してカエルを探すという展示方法。

カエルは夜の方が活発ですからね。

本当に真っ暗なので、歩くのも結構手探り(笑)カエルを探し出すのも苦労しました。

ペンライトで光をあててかろうじて撮影。

カエル館の中が暗いためカエルの写真はほとんど撮れなかったのですが、いろんなカエルが見られたのは良かったです。

カエル館には30分ほど居座っていました。

カエルたちをたっぷり堪能し、外に出るとまぶしい!(+_+)

次は水族館へと向かいます。

水族館もおもしろい

水族館に行くとおさかな博士が説明をしてくれていました。

ゆっくりききたいところですが、先を急ぐのでさらっとスルー。

イソギンチャクがカラフル!

ナマコらしき生き物がゴロゴロしています。

うなぎ!

水槽がくもったら拭く用のタオルがかけてありました。なんだかほのぼの。

大きなイソギンチャク!

ふれあいコーナー。

真ん中で知識豊富なお兄さんが説明してくれます。これはなかなかよいシステムですね。

イソギンチャクをつけたヤドカリ。可愛い!

タカアシガニ。めちゃめちゃ大きくてビックリ!

クラゲがきれい!

こちらはカブトクラゲかな?クラゲの展示方法も素敵でした。

海藻に擬態するヘコアユ。

こちらはハゼっぽいかな?

水族館に展示されている魚たちはけっこう個性的な魚たちが多く、見ていて面白いですね。セレクトセンスが好きです。

少しクセのある、とても楽しい水族館。しかもスタッフさん一人一人の知識というか、生き物に対するハンパない愛情というか心意気が感じられる素敵な水族館でした。

アザラシプール

水族館を出て、アザラシプールの前を通ったら

アザラシくんが寝てました(笑)

ゴロゴロしている方がアザラシっぽくて好きかも。

ザリガニ釣りコーナー

ザリガニ釣りコーナーがありました。

ゴールデンウイーク限定イベントかな?

タコ糸の先にはサキイカのようなものをクリップで挟み、ザリガニを釣るというコーナー。

釣るのはなかなか難しいですね。

釣り人が多いから、ザリガニもきっと何か察してるんだとは思いますが(笑)

あわしまマリンパークを出発

予定では11時半にあわしまマリンパークを出発・・・だったのですが、時刻はすでに13時前に(^_^;)ちょっとゆっくりしすぎましたね。

13時ごろあわしまマリンパークを出発!

桟橋横にあるこいのぼりはよく見るとイルカでした。可愛い!

~静岡一周富士伊豆箱根めぐり旅⑳へつづく~

レクタングル(大)

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

\ 気軽にフォローしてね /

関連コンテンツ
レクタングル(大)