北海道横断カントリーサインの旅⑦知床~神の子池~摩周湖~屈斜路湖~阿寒湖~釧路市までの湖巡りの日

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

2005年9月21日(水)~27日(火)の7日間、北海道に旅行にいってきました。

北海道横断6泊7日旅行記、サブタイトルは『カントリーサインの旅』!

こちらの記事では、北海道5日め、知床半島を出発し、神の子池、摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖を巡って釧路市までの縦断の旅を書いています。

レクタングル(大)

北海道5日めの予定:知床~神の子池~摩周湖~屈斜路湖~阿寒湖~釧路市まで

北海道旅行5日目、2005年9月25日(日)。

本日の予定は、知床半島をあとにして南下、釧路市までのドライブの旅。

途中、神の子池、摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖を観光して釧路市内の本日のお宿『釧路ロイヤルイン』に19時ごろ到着する予定です。

北海道をちょっと縦断、約270キロの長距離ドライブDay!

温泉旅館しれとこ村つくだ荘の朝ごはんも美味しい!

朝8時、『温泉旅館しれとこ村つくだ荘』で朝ごはん!

寝ぼけまなこでもガッツリ頂いた朝食。目玉焼きが目の前で焼けていくので面白い!

【楽天トラベル】世界自然遺産の宿 しれとこ村(旧 つくだ荘)

夜ごはん、朝ごはんの2食付きでふたりで17,000円。しかも温泉も入れる!

とくにお料理が大満足でかなりお得感がありました。また行きたい!!

朝食を食べてすぐ出発する予定でしたが、のんびりしすぎて予定より40分ぐらい遅れて出発。

カントリーサイン清里町

本日一つ目のカントリーサインは清里町。

デザインは、斜里岳と町花のムクゲと清里焼酎醸造所かな。

北海道清里町公式ホームページです。町の情報や行政情報、観光情報などを配信しています。

清里焼酎醸造所は、北海道道1115号線沿いだから見えたはず・・・なのですが見逃したみたい。残念。

神秘のコバルトブルー、神の子池へ

今回、どうしても行きたかった場所が、神の子池。

きよさと町にあるコバルトブルーの輝きを放つ神の子池のご紹介。神の子池の写真と地図をご覧いただけます。

神の子池の写真を見ると、池の色が美しいコバルトブルー。本当にこんなキレイな色をしているのか、自分の目で見てみたくて。

神の子池へは、北海道道1115号線を少し外れて舗装されていない林道を進みます。

ちょっと不安を覚えつつも走ること数分。

駐車場にたどり着きました。

駐車場には神の子池の説明看板がたっていました。

透明度日本一を誇る摩周湖の水が地下を通って神の子池に湧き出しているとのこと。

じっさいに見てみてビックリ!

なんじゃこりゃー!!(゚д゚)!

神の子池

青いです、青い!!

まさしく、神秘のブルー。透明度がまた美しい。

池の中に木が倒れていたり葉っぱが落ちているのがちょっと残念だったけど、綺麗でした。

観光客も数名いらっしゃいましたが、あまりの神秘さのためかシーンとして静か。

天気が曇り気味だったため、写真は暗い感じにしか撮れなかったけど晴れていたらもっと美しく撮れたんだろうなと思います。

この美しいブルーは写真ではなかなか表現できないですね。

ぜひ実際に足を運んで体感してもらいたい美しさです。

キタキツネとの出会い

北海道道1115号線をのんびりドライブしていると、ガードレール(?)下になんかいるのを発見!

キタキツネキターーーー(゚∀゚)ーーーー!!

ちょっと若いカンジがするけど、子ぎつねかな?

道端でなにかを食べていたようでした。他の車が通っていなかったので少し止まって車の中から撮影。

他の車が通り過ぎる瞬間は警戒していたけど、こちらを気にすることもなくすぐになにかを食べるのに夢中になっていました。

なんというか・・・・自然豊かですね。

それにしても、キタキツネ。かわいすぎるぅぅぅぅぅヾ(>▽<)ゞ

裏摩周展望台で霧の晴れた摩周湖を見る

神の子池から車で約20分。

11時半ごろ、裏摩周展望台に到着。

摩周湖には展望台が3ヶ所ありますが、今回は神の子池にはどうしても行きたかったため、ルート的に裏摩周湖展望台へと寄ることになりました。

神秘の湖として世界的に知られている摩周湖展望台からの眺望霧に包まれることが多い神秘の湖摩周湖は、弟子屈側がスタンダードなビューポイント。しかし、養老牛温泉からクルマで20…

摩周湖といえば、「霧の摩周湖」が有名。

霧でいっぱいの湖が見えると思っていったのですが、

裏摩周展望台

霧の摩周湖ではなく、びみょうに晴れた摩周湖でした。

裏摩周展望台

霧どころか摩周岳山にかかった雲が重たそう。

晴れた湖が見られた良かったです。向こう側から少し霧が発生してきていたみたいだけど。

裏摩周展望台

もう少し長くいたら霧でいっぱいの摩周湖が見えたのかもしれない。

でも、風が強くて冷たいし、寒くなってきたので写真を少しだけ撮り、早々に車に避難^^;

裏摩周展望台から北海道道1115号線へ戻ります。

摩周湖ってけっこう山の中にあるんですね。もっと平地にあるのかと思っていました。でもよく考えたらカルデラ湖だし、霧の摩周湖って言われるくらいだから標高はけっこうあるのかも。

しっぽがふわふわキタキツネとの出会い!

裏摩周展望台から北海道道1115号線への戻り道で、またしてもキタキツネを発見!

道路を渡っていたみたい。しっぽがふわふわ!!

さっき出会ったキタキツネより少し大きめ。しっぽが温かそう。

こっちも向いてくれました。かわいい!!

カントリーサイン中標津町

本日2つ目のカントリーサインは中標津町(なかしべつ町)。

「なかひょうつ」と読みそうですが「なかしべつ」と読みます。

カントリーサインのデザインは、北海道遺産「根釧台地の格子状防風林」が見渡せる開陽台展望館かな。

中標津町のオフィシャルホームページ。中標津町の紹介、交通、宿泊、観光、おみやげ、祭り・イベント、暮らしの情報、広報なかしべつ。

カントリーサインは、裏摩周湖への曲がり角から見える裏摩周湖シェルターの手間にありました。

入口に裏摩周シェルターって書いています。

裏摩周シェルター

雪除けトンネルのようですが、かなり長いです。

しかも採光窓もあるし、まっすぐの道で通っているとちょっとワクワク感があります。面白い!

山中を抜けると、牧草地が広がっていました。

牛さんがいっぱい!!

カントリーサイン標茶町

本日3つ目のカントリーサインは標茶町(しべちゃ町)。

こちらも「ひょうちゃ」と読みそうですが「しべちゃ町」と読みます。

標茶町(しべちゃちょう)公式ウェブサイトです。酪農のまち標茶町のさまざまな情報を発信しています。

北海道道885号線養老牛虹別線は道がまっすぐ!

ずっと遠くまで見渡せます。これはスピード出したくなっちゃいますね^^;

道端で待機しているパトカーを発見!

北海道の道は、道路幅も広くてゆったりしているので、ついついスピードを出してしまいがち。

でも、

たまーにパトカーがいるんですよ!

木陰の見えないところにパトカーが待機中。気をつけないとですね。

「北海道に旅行にいってスピード違反で捕まったことがある」という知り合いから口が酸っぱくなるほど「スピードにはくれぐれも気をつけて」と言われていたので、今回の旅では制限速度をかなり意識しながらのんびり走りました。

でも、じっさいにパトカーを見るとドキドキします^^;

カントリーサイン弟子屈町

本日4つ目のカントリーサインは弟子屈町(てしかが町)。

デザインは、第一展望台から見た摩周湖と屈斜路湖の白鳥かな?

摩周湖といで湯の街、弟子屈町の公式HPです。町民の皆様に役立つ情報や、移住情報、景勝地などを発信しております。

お昼ごはんはつじや食堂のスープカレー

お昼ごはんは弟子屈町の街ナカから少し外れた場所につじや食堂へ。


http://tsujiya.com

13時ごろ、少し遅めのランチタイムです。

注文したのは、もちろん名物スープカレー♪

こちらは相方さんのスープカレー。

つじや食堂

お、美味しい!!絶品スープカレーでした。

お店の中の雰囲気も、いろいろ雑貨が置かれていて楽しいです。

屈斜路湖の砂湯で足湯体験が面白い!

つじや食堂から車で約20分、屈斜路湖の砂湯に到着!

阿寒摩周国立公園の中に有り、砂を掘ると温泉が湧き出る屈斜路湖畔の砂湯。冬は藻琴山と湖面のオオハクチョウを求め多くのカメラマンが集います。その風景は白鳥の写真家からは「世界で最も白鳥が美しい湖畔」とされ、BBCを始め世界中から注目されています。夏は湧き出る温泉や足湯を楽しめる道東屈指のキャンプ場として人気があります。

屈斜路湖の砂浜を掘ると、温かい温泉がでてくるんです。

さすが日曜日。観光客でにぎわっていました。

足湯用のベンチも設置されていました。

湖の水を触ってみるとふつうの水温程度なのに、湖すぐ横の砂浜を掘ったら、温かいお湯が出てくるんです。

お湯はけっこう熱め。湖の水と混ぜるとちょうどいい湯加減になります。

これは不思議体験!おかげでドライブで疲れた足も癒やされました。

砂湯からは中島が見えます。

白鳥の足漕ぎボート(スワンボート)もありました。

名前も付いていて可愛い!

屈斜路湖から阿寒湖へは約1時間の山道ドライブ

次の目的地は阿寒湖。

屈斜路湖から阿寒湖へ行くためには、一度弟子屈町の街中方向へ戻り、国道241号線阿寒横断道路を通ります。

14時過ぎに出発して15時半頃に着きました。のんびり走って1時間半くらいかな。

走りやすい道ですが、山道なのでカーブが多いです。

カントリーサイン阿寒町

本日5つ目のカントリーサインは阿寒町(あかん町)。

マリモと阿寒湖と・・・雄阿寒岳か雌阿寒岳のどちらかな?

2005年に合併して(平成の大合併)、現在は釧路市になっています。

北海道釧路市公式ホームページ。市政情報、窓口案内、くらし、釧路市教育委員会、観光情報。

阿寒湖

15時半頃、阿寒湖に到着。

遊覧船の最終便は16時発まで。所有時間は約85分。

遊覧船に乗ってしまうと、阿寒湖を出る時間が17時半ごろ。釧路市までの道が真っ暗になりそうだったのであきらめました。

チュウルイ島、いってみたかったな。

お土産屋さんでマリモをゲットして帰りました。

阿寒湖 まりも

弁慶の足湯でほっこり

ホテル阿寒湖荘近くに無料で入れる足湯、弁慶の足湯があります。

遊歩道の近くにあって、阿寒湖を眺めながらゆっくりできるのでおすすめです。

阿寒湖から釧路市へ

阿寒湖を16時ごろに出発し、国道240号線まりも国道を南下。

途中、道の駅 阿寒丹頂の里へ少し寄り道しましたが、予定より早く18時頃に釧路市内に到着しました。

カントリーサイン釧路市

本日最後の6つ目、のカントリーサインは釧路市。

デザインは、幣舞橋(ぬさまいばし)。北海道三大名橋と呼ばれている美しい橋です。

北海道釧路市公式ホームページ。市政情報、窓口案内、くらし、釧路市教育委員会、観光情報。

釧路市内で水曜どうでしょうグッズを買う

釧路市内に到着し、そのままホテル直行かと思いきや、相方さんがどうしても「水曜どうでしょうグッズ」が欲しい!と言い出したので、釧路市内にある水曜どうでしょうグッズ取り扱いのお店に行ってきました。

札幌の取扱店は行く時間がなかったのでしょうがなく(笑)

場所がわからなくて、もーぐるぐるぐるぐるうろうろうろうろ。めちゃめちゃ探し回ってやっとこさゲットしました。

水曜どうでしょう本

本日のお宿は釧路ロイヤルイン

本日のお宿は、釧路ロイヤルイン。

【楽天トラベル】釧路ロイヤルイン

釧路ロイヤルインは釧路駅前すぐのホテル。朝食バイキングは無料で二人で8,800円!

朝食バイキングは無料だけど、朝ごはんはすぐ近くにある和商市場で勝手丼を食べる予定だったり^^;

釧路の味覚を堪能できる!「釧路の台所」和商市場は「函館の朝市」「札幌の二条市場」と共に北海道三大市場の一つと言われています。約60店舗を数え港町ならではの新鮮な魚介・水産加工物・乾物・肉・野菜など釧路市民の台所として地元でも親しまれています。釧路の観光スポットとしても有名で歴史のある市場です。

夜ごはんは釧路フィッシャーマンズワーフMOOへ

ホテルは釧路駅前なのですが、周辺は飲食店が少ないため、徒歩10分ほどの繁華街へ。

釧路フィッシャーマンズワーフMOO内に2階にある港の屋台で夜ごはん。

北海道釧路市のウォーターフロント、名橋・幣舞橋のたもとに建つ複合商業・観光施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー) 」。観光に、お土産に、お食事に・・・楽しい、うまい、ベイエリア!

釧路ラーメンと鶏のザンギなどをいただきました。

釧路ラーメン(゚Д゚)ウマー!ザンギも美味しかったです!!

本日のカントリーサイン制覇図

本日5日目に制覇したカントリーサインは6つ。

水曜どうでしょう カントリーサインの旅

まだまだ北海道は広いですね。

~北海道横断カントリーサインの旅⑧につづく~

北海道横断カントリーサインの旅⑧釧路市・和商市場の勝手丼~国道38号線ドライブ~トマムリゾートへ
2005年9月21日(水)~27日(火)の7日間、北海道に旅行にいってきました。 北海道横断6泊7日旅行記、サブタイトルは『カントリー...

レクタングル(大)

\ SNSでシェア&コメントいただけるとうれしいです! /

\ 気軽にフォローしてね /

関連コンテンツ
レクタングル(大)